自動運転の車が事故を起した場合、誰が責任を負うの?

弁護士保険通信
googlecar
【自動運転の責任はだれが負うのか?】
自動運転車はアメリカのグーグルなど、世界中で様々な企業が開発しようと
しています。
今年になってグーグルの自動運転車が、公道で初めて過失による事故を起こした
と報道がありました。
この事故で、法的な責任が、どの様になる可能性が高いのか、
杉浦弁護士に解説してもらいました。(弁護士法人名古屋総合法律事務所)
□━━━━━━━━━━━【Mikataニュースより引用】━━━━━━━━━━━━━■

報道ではグーグルの自動運転車は、人が乗車しており、必要に応じて
手動運転に切替えができるタイプだった様ですが、
手動運転に切替えずにバスと衝突してしまったようです。

この報道内容が正確であれば、この事故は、AI(人工知能)が判断して
運転し、その結果起こってしまった事故ということになりそうです。

法的な責任として、大きく分けると、民事上の責任と刑事上の責任に
分けることができます。
民事上の責任とは、損害が生じた場合の賠償責任、物を引き渡したり、
明け渡したりする責任など、主に財産について、確定された権利義務に
則って行う責任と言い換えてもいいかもしれません。

今回の事故であれば、壊れた車を修理する責任、
けが人がいれば治療費や慰謝料を支払う責任が挙げられます。

こういったものは、運転者がAIでも、その自動車もしくは
AIの所有者(今回の事故ではグーグルという会社)が負うことになる
と予想されます。

刑事的な責任とは、何らかの犯罪行為(過失を含む)を行った際に、
それに対して身柄の拘束を受ける罰を受ける責任が
一般的には想像されると思います。
刑事的な責任は、原則として、犯罪に該当する行為を行った者に
科されることになります。

今回の事故では、AIが運転していましたが、AIを身柄拘束して罰を
与えることはできません。かといって、車に乗っていた人は、
ハンドル等に触っていたわけではないので、刑事上の過失があると
言えるのでしょうか。

今回は、必要に応じて手動運転に切り替えられるようですので、
必要に応じて手動運転に切り替える注意義務があったのに、
それを怠った、という過失責任が想定されます。

しかし、今後、自動運転の性能が上がり、自動運転車であれば
免許がなくても乗れるといった時代が来た場合には、
果たして自動運転による事故に関して、
乗っている人に刑事上の責任を問えるのか、
そういった問題が出てくるのではないかと思われます。

他方で、自動運転の場合、罰したところで犯罪の抑止にはつながらない
ので、自動運転の事故については刑事上の責任を全く考慮しない、
という方向に進む可能性もあるのではないかと思います。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

弁護士保険Mikataは、皆様が少しでもトラブルに遭遇しない事を願っています

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
協力

弁護士法人名古屋総合法律事務所 
杉浦 恵一 弁護士

当事務所は、相続 (相続税を含む)・離婚・交通事故・債務整理・不動産
法務・中小企業法務 (使用者側の労働事件) の6分野に特化した専門性の
高い法律事務所です。

より身近に感じられ、相談できるような法律事務所を目指し、依頼者の方
の適切な利益の実現を目指していきたいと思います。皆さんが思っている
より、法律相談していただいたほうがよい事柄は多く、「こんなこと」等
とおっしゃらずに、お気軽にご相談いただきたいと思います。

何か困った時に気軽にご相談いただき、問題を未然に防ぎ、または問題が
大きくなる前に解決する。もちろん、大きな問題となった場合には全力で
依頼者の皆様にとって最善の解決に向けて取り組む。他方、困ったことが
法的に問題がないことが明らかになった場合には、その安心を持って帰っ
ていただく。学んだ法律の知識や経験を、お客様の生活に役立てられる弁
護士になりたいと思っております。

【事務所概要】
弁護士法人名古屋総合法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□■───────────────
■弁護士保険Mikata(ミカタ)のご案内
─────────────────

弁護士保険Mikataのお客様の声の一例

・ケンカに巻き込まれ、顔に怪我をしてしまいましたが、ミカタで、
弁護士にお願いしたら約300万円の賠償金を得られました!
(東京都 40代女性)

・隣人との騒音トラブルが、大ごとにならずに済みました!
(北海道 50代男性)

・引っ越しの際の現状回復費が18万円から6万円に下がりました!
(滋賀県 20代女性)

・リーガルカード(被保険者証)を見せたら、
傷ついた車の修理費を支払って貰えました!(宮城県在住 40代女性)

・リーガルステッカーを貼ったら、
訪問販売のチャイムが激減しました!(神奈川県在住 40代男性)

□──────────────────────────────■
日本で初めての弁護士保険Mikata(ミカタ)
幅広い範囲の法的トラブルにあった際の弁護士費用を
補償する保険です。(実費相当額または一部)

★☆ 弁護士保険Mikata(ミカタ)の3つの特長 ☆★

1.トラブルを予防できる可能性が高まります。
2.問題が小さなうちに早く解決できる可能性が高まります。
3.いざというときの弁護士費用を保険で補償します。

また、弁護士保険Mikataには、上記の特長以外にも、
ご加入者(被保険者)様の特典(付帯サービス)が
いろんな専門家に相談できるサービスがございます。

▼資料請求/詳細はコチラ
http://bengoshi-hoken.com/benho-lp/benho01/

弁護士保険mikataは、損害賠償などの『特定の法的トラブル』に
『限定せず』保険加入者が日本国内で直面した一定のトラブルに
ついて『法律相談料』『弁護士費用等』の実費相当額、又は一部を
補償する費用保険。

弁護士費用保険とは?

CATEGORY :